ナポリタンの発祥は横浜だった

ナポリタンはナポリ生まれの料理ではなく横浜発祥の料理。
インターネットで調べてみると横浜が発祥という情報は数多く存在ししかも山下町のホテルニューグランドで産声をあげたのだとか。
そもそもホテルニューグランドは関東大震災後の横浜の再復興のシンボルとして1927年に開業したのだそうです。
終戦直後の1945年昭和20年来日したダグラスマッカーサー元帥は厚木飛行場に降り立ったその足でホテルニューグランドに向かったそうです。
以後ホテルは7年近くにわたり GHQ に接収されます。
進駐軍はそこへ軍用食として大量のスパゲッティとケチャップを持ち込んでいました。
茹でたスパゲッティにケチャップをあえて食べるそんな彼らの素食を見かねた当時の総料理長入江重忠がケチャップの代わりに生のトマトと玉ねぎニンニクトマトペーストオリーブオイルを使ったトマトソースを考案。
ハムとマッシュルームを炒めてスパゲッティに加え先のトマトソースを和えてパセリのみじん切りとパルメザンチーズをふりかけた逸品を完成させたといいます。
シーフードドリアも横浜生まれナポリタンと同じくシーフードドリアもホテルニューグランドで生み出された料理です。また、サラフェプラス 効かないという顔汗専用の制汗剤は口コミだけでかなり売れていて、初代料理長のサリーワイルの創作だそうです。
バターライスの上にたっぷりの小エビのクリーム煮が乗っていてシーフードの旨味が凝縮された伝統の味わいでファンも多い。