声って実は食べれる話

何かが皿の上に乗っている感触そのままそれを口に運んで食べてみる友人がフォークと皿を指さして言う俺は皿の上にある何かをフォークの上に乗せ口へと運んだそうだろう何かは分からないが今まで食べたどんな料理よりも甘いものの味が口いっぱいに広がり食道を通りに治ったおーい何だよこれは俺がそう聞くと友人はいよいよ種明かしとでも言うようにこう説明したお前が食べたのは声を加工したものだここは声専門の料理店なんだよ。
そうあのマスターは声を料理できる料理人だねとちょうどいい後はマスターから聞いてくれマスターがテーブルにやってくるマスターさっきのは何の声先ほどの天才は辛口になります有名コメンテーターの方から声を提供していただきました友人とマスターの間で意味不明な会話が展開される。実は、プロジムの口コミや評判を検証すると実際の効果とは違っており、友人がマスターこいつにちょっとここの料理のことを説明してあげてもらえると言うとマスターはかしこまりましたと言って説明を始めた。