英語の発音は若ければ若いほど習得が早い

私の甥と姪が早期英語教育を受けて育ち今はもう大学生と高校生なのですが、会話をしているとこの人達は日本語が不自由なのかと耳を疑うことがよくあります。
これは日本語教育をしっかりしないで幼少期に矢継ぎ早に英語を頭に叩き込んだ結果、例えば文章理解が苦手になったり日本語特有の難しい言い回しができなかったりその意味が理解できなくなっているのでしょう。
もちろん日本語を普通の子供以上にしっかり教え、その上で英語教育をするのならこうはならないはずです。
ですが現状の多くは日本語教育の時間を減らして、その減らしたところに英語教育の時間をあてがっているのでどうしても無理が出てきます。
せめて小学校の3~4年生くらいまでは日本語を最優先に教えるべきではないでしょうか。
早期で英語を教えるメリットは英語系の受験科目に有利に働くことです。
結果として翻訳やCA、空港の管制塔の職員など職業の選択肢が増えますし海外旅行に行って困る機会も他の人と比べて減るでしょう。
特に発音は若ければ若いほど習得が速くてネイティブに近くなりますしヒアリング能力も向上します。
デメリットは親が無理矢理スクールに通わせることで子どもが英語嫌いになったり、遊ぶ時間やゆとりがなくなることでしょう。
親の意図としては子どもの能力向上が目的であっても結果的に英語も日本語も中途半端な人間になる可能性が少なからずあります。
そして早期教育のメリットを打ち消すほどの勉強嫌いになった場合、その子どもの人生は悲劇です。
国際的な環境で育ち自然に習得するのは無理がないので構いませんが、スクールに通わせる時点で親のエゴであることを決して忘れてはいけません。
セブンプラスバイリンガル 半額